GLOBALSOLAR PowerFLEX フレキシブルソーラーパネル100W(MPPT充電コントローラー25A付き)


PowerFLEX Modules+MPPT充電コントローラー 25A


接続イメージ


接続イメージ「一枚」

PowerFLEX Modules

キャンピングカー最適!高効率フレキシブルソーラーパネル!

キャンピングカーへの設置例

設置例
12.6パーセントの開口効率で、POWERFLEX® のモジュールは、
柔軟なモジュール間で最高の効率を提供します。
POWERFLEX®は また、軽量で、貫通することなく、
複数の表面に直接適用することができる、との整合性と美観を
維持する追加の風荷重を作成しません。

詳細画像

商品仕様

電 気 特 性
最大出力(Pmax)100 W
出力許容範囲(%)± 5%
モジュール有効部 変換効率(%) 12.70%
最大出力動作電圧(Vpm)17.5 V
最大出力動作電流(Ipm)5.7 A
開放電圧(Voc)23.7 V
短絡電流(Isc)6.4 A
太陽電池36 CIGS セル(210×100 mm)
製 品 仕 様
外形寸法(長さ×幅×厚み)2013×494×3 mm
重量(kg)3.3kg/1㎡
端子箱バイパスダイオード内蔵
ケーブルタイコ社製 コネクタ
上面シートETFE (熱可塑性フッ素樹脂)
下面シートPET-EVAコポリマー
フレームなし
温 度 係 数
最大出力0.43% / °C
最大出力動作電圧0.38% / °C
開放電圧0.33% / °C
短絡電流0.03% / °C
動 作 環 境
動作温度(°C)-40°C ~ + 85°C
最大システム電圧(V)1,000 V
認 証・保 証
取得認証UL1703、IEC61646、61730
製品保証1年

ご注意ください

ご使用頂くには、仕様に合ったバッテリー(蓄電池)が別途必要となります。
本セット製品だけでは発電した電気を使用することはできません。

仕様や取扱説明書(マニュアル)などはありません。
MPPT充電コントローラーのみ簡易的な取扱説明書(マニュアル)が付属されます。
お取扱い方法は本サイト商品ページをご確認いただき、ご不明な点などは予めお問い合せください。
お取扱いされる上でご不安がある場合は、専門業者などへ設置を依頼ください。

フレキシブルソーラーパネルの裏面には強力なブチルテープがついており、ルーフなどに直接貼り付けることが可能ですが、パネル端から徐々に剥がれてくる可能性もあります。
状況に応じてアルミテープなどを貼ることをお勧めいたします。
一度貼り付けると剥がすことは非常に困難です。
無理やり剥がすと故障の原因となりますので、万が一剥がす際はパネルが損傷しないよう負担を掛けず最新の注意を払い慎重に剥がす必要があります。

製品保証は、ご購入日より1年です。
以下の行為は、保証期間内であっても保証の対象とはなりません。

  • ● 仕様範囲外で使用する
  • ● ソーラーパネルやケーブルを傷つける
  • ● ソーラーパネルを直径50cm以下に丸める曲げる
  • ● ソーラーパネルを折り畳む
  • ● 一度貼り付けたソーラーパネルを無理やり剥がす

内部回路の破断や短絡、表面に亀裂が入るなど、故障の原因となりますので絶対に行わないでください。
また、故障・ショートした状態で使用することは大変危険ですので絶対に行わないでください。

GLOBALSOLAR PowerFLEX
フレキシブルソーラーパネル100W

GLOBALSOLAR PowerFLEX フレキシブルソーラーパネル100W



「充電コントローラー」はソーラーパネルでサブバッテリーへ充電する際に必須のアイテムですが、その性能によって充電効率などのパフォーマンスは大きく変わります!
『MPPT充電コントローラー 25A』は最大電力点追尾(MPPT)機能付きなので、ソーラー充電のパフォーマンスを大幅にアップさせることができます!

「MPPT機能」付き!

充電コントローラーはソーラーパネルの高い電圧を12Vバッテリーへの充電用に降圧する際、降圧分(V)を電流(A)に変換します。
充電コントローラーには「PWM方式」と「MPPT方式」がありますが、一般的なPWM方式(安いコントローラーのこと)は電圧を降圧する際には、余剰電圧を「熱」として外部に放出します。
これに対しMPPTコントローラーは熱ではなく電流(A)に変換します。
MPPT方式は電圧を捨てずに電流に変換しているので、ソーラーパネルの本来の性能を活かし、充電時間短縮が可能となります。

PMW方式の充電コンントローラーはコストパフォーマンスは高いのですが充電効率はMPPT方式に劣り、曇りの時はMPPTのあるなしでその効率は2~3倍の違いがあると言われています。

PMW方式とMPPT方式比較

大型液晶画面にデータ表示!

バッテリータイプの選択や充電中の状況をリアルタイムで表示する液晶モニターは、
バックライトが追加され暗いところでも見やすくなり、 発電量や充電量、バッテリーの残量もひと目で確認することができます!

152Wで発電、バッテリーは14.0V10.4Aでチャージ

最大300Wまで対応!

最大300Wまで対応なので大きなソーラーパネルやソーラーパネルを複数にして発電量を増やせます!

最大25Aで充電!

MPPT機能に加え、最大25Aで充電が可能なので充 電効率はさらにアップ!ソーラーパネルの性能次第では電流量の増加によって充電時間の短縮、または短時間でより多くの蓄電が可能です!

仕様

電気に関する仕様
MPPT レンジ @ オペレーションの電圧
15V~33V@12V
最大パネル入力電圧
50V
最大パネル入力電流
18A
最大パネル入力
300W
バッテリータイプ
01鉛開放型、02鉛密閉型(AGM含む)、03ゲル、04ニッカド
システム電圧
12V
最大充電電流
25A
リップル電圧
<± 1V
最大変換効率
0.97
無負荷損
<2W
充電方式
3段階充電 バルク→吸収→フロート
保護回路
バッテリー逆接、夜間逆流 、出力短絡、過負荷(>110%)
LCDインジケーター表示
ソーラー及び出力パワー・バッテリー電圧・充電電流・故障条件
LEDインジケーター
6 LED
一般仕様
取得規格/ EMC
CE / EN61000-6-1, EN61000-6-3
稼働温度範囲
-20°C~55°C
保護等級
Indoor, IP43
稼働湿度範囲
最大100%RH、非結露
寸法
135*170*57.5mm
重さ
0.92Kg
バッテリー4種類の電圧と充電
バッテリータイプ 選択番号バルク
充電電圧
フロート
充電電圧
鉛開放型01 14.3V 13.2V
鉛密閉型(AGM含む) 02 13.4V
ゲル 03 13.7V
ニッカド 04 14.0V

※当店のリチウムイオンバッテリーで使用する際は03をご選択ください。
※ご使用になるバッテリーの仕様(充電電圧など)をご確認の上、仕様範囲内でご使用ください。

ご使用上の注意

基本設置例



【高効率 モジュール変換効率 12.6%! 軽量 パネル1枚の重さはわずか4.3kg 屋根への負担も最小限! 曲がる 自在に曲げる事ができキャンピングカーの屋根への設置に最適!MPPT充電コントローラー 25A付き】
PowerFLEX フレキシブルソーラーパネル100W (MPPT充電コントローラー 25A付き)

GLOBALSOLAR PowerFLEX フレキシブルソーラーパネル100W+MPPT充電コントローラー 25Aセット

メーカー希望小売価格:162,800円(税別)

レビューお願い価格:131,000円(税別)

セット数 :


総合評価 (3)

GLOBALSOLAR PowerFLEX フレキシブルソーラーパネル100W(MPPT充電コントローラー25A付き)」への1件のレビュー

  1. コタロ

    【記号】509
    キャンピングカーの天井にと購入しました。
    まだ取り付けて間もないのですが、取り付けはコードも10mついておりましたので余裕に届きました、延長部分のソケットもしっかりしています。
    ただ、裏のブチルテープはそこまで強力ではないのでしっかり四方をコーキングかアルミテープなどで塞いだほうが良さそうです。
    平らな部分であればピタッと貼れますが湾曲している部分では脱脂をしっかりしていても浮いてくる場合があります。
    取り付けて2週間ほど経ちましたが、やはり浮いてきてしまい脱落は免れたのですが3分の1ほど剥がれてしまい若干折れスジが入ってしまいました。
    施工事例、施工時の注意点などあると良いかと思います。
    今は四方をアルミテープで止めてあるので心配なさそうですが、折れた部分が気になります。
    物としては高いだけありましてしっかりとしています、あまり晴天がの日が少ないので発電量はそこまでありませんので、もう少し様子を見てみます。
    充電コントローラーは細かい設定がいらないので配線してバッテリータイプを選ぶだけです。
    走行充電とぶつかってしまうのでブレーカーをつけてエンジン停止時に使用するようにしています。
    調子が良ければ増設は楽そうなのでもう一枚購入しようかと思っています。

    3

レビュー投稿フォームはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です