オンリースタイル商品インタビュー vol.2


数年前からキャンピングカーのサブバッテリーにはリチウムイオンが最適なのではと感じていたとの事。 今回キャンピングカーのお乗換えをきっかけに、ルーフエアコンをバッテリー駆動で動かしたいとリチウムイオンバッテリー200Ahを導入していただきました。
今までは車に発電機を積んで電子レンジやエアコンを使う時は発電機から電気をとっていましたが、道の駅などで宿泊するときは周りの方に迷惑になるので発電機を使う事ができませんでした。
せめて1時間でも良いからバッテリー駆動でエアコンを使いたかったというのがリチウムイオンバッテリー導入したきっかけです。
新しい車につけたコールマンのルーフエアコン(消費電力1700W)はパワーがある分、消費電力が高いのですがバッテリー駆動でしっかりと動いてくれています。
導入前は本当に動くのか半信半疑だしたが本当に動いてくれてビックリしています。
リチウムイオンバッテリー200Ahとパワーインバーター3000Wにした事で、ルーフエアコン、電子レンジ、コーヒーメーカーがバッテリー駆動で使えるので凄く便利です。
電子レンジやコーヒーメーカーは長い時間使うわけでは無いので200Ahのタイプで充分でした。あとバッテリー残量計が凄く便利です。
正確に残量を表示してくれますので安心して電気を使う事ができます。
走行充電や太陽光で充電した分も表示してくれるので旅の計画が立てやすくなりました。今度北海道に旅行に行くのでどのぐらい発電してくれるのか楽しみです。
仕事柄、バッテリーを何年も扱っていましたので不安はありませんでした。
本来バッテリーは満充電の状態をキープして上げれば長く使えるものです。
安全面もリン酸鉄なら安心ですし、
パソコンや電気自動車にはリチウムイオンバッテリーがこんなに普及しているのに何故サブバッテリー用のリチウムイオンバッテリー が少ないのか不思議なぐらいでした。
高額ではありましたが性能の差は実感していますので、
思い切ってリチウムにして良かったと満足しています。
エアコンの稼働時間を考えるともう少し大きなバッテリーにしても良かったかなと思っています。